リファカラットフェイス,口コミ,効果

美顔になるためにしておきたい最低限の皮膚の特性について

 

 

皮膚には驚くべき力が宿っています。まず皮膚は体で最大の器官であって他の器官を非常に効率よく保護して、24時間感染や有害物質を防いで、他にも無数の離れ業を演じてくれています。

 

皮膚は私たちの体重の約15%にあたります。皮膚のおおよその成分比は水70%、たんぱく質25%、脂質2%、微量ミネラル0,5%、あとはその他の成分になります。皮膚には主に表皮、真皮、皮下組織の3つの層で成り立っています。表皮は皮膚のもっとも外側の薄い層で、3つの絡み合うタイプの細胞で構成されています。

 

この3つの細胞とは、ケラチン(角質)というたんぱく質を生成するケラチン生成細胞、太陽の有害な紫外線から私たちを守るメラニン色素を生成するメラニン形成細胞、そして皮膚を通過しようとする異物をさえぎるランゲルハンス細胞です。

 

表皮は皮膚細胞が成長する主な場所になります。

 

新しい細胞は成熟した細胞を上に上にと押し上げます。この成熟した細胞が表皮のいちばん上の層(角質層)に達すると死んではがれ落ちます。新しい細胞は約28日間で表皮に現れますが、この周期は日焼け、刺激のきつい洗顔クリームの使用、皮膚の炎症などの条件によって早まることもあります。皮膚を丁寧に洗って、水分を補うことで表皮に栄養を与えることができます。

 

 

真皮は皮膚の真ん中の層になります。

 

 

皮膚の厚みの約90%に相当します。この複雑な皮膚の層にはコラーゲンとエラスチンの繊維が密で丈夫な網の目状になって存在しています。コラーゲンは構造の支えを担当してエラスチンは皮膚に弾力性を与えています。真皮には皮脂腺、毛包、わずかな神経細胞と筋肉細胞もあります。

 

皮脂腺は毛包みのまわりにあって、皮脂を生成します。皮脂腺が生成する皮脂が不十分ですと、皮膚が乾燥してシワができやすくなってしまいます。皮脂腺が皮脂を出し過ぎると。吹き出物やにんきびお原因になることもあります・・・。

 

皮脂腺を水分と塩分を分泌します。真皮で生成された油と水は乳状液となって表皮を守って油分を補います。この乳状液は油分が失われるのを防いで、その結果、皮膚の酸のバランスを正常に保つのに役立ちます。真皮の状態は間違いなく皮膚のハリや輪郭を形づくっているのです。

 

 

皮下組織は皮膚のもっとも内側の層になります。

 

 

この組織は真皮の下にあって、主に脂肪でできています。皮下組織はショックアブソーバーとして機能します。皮膚には柔軟性と弾力性を与えて、体を覆いその下にある組織をケガから守ってくれます。この組織には保管場所としての機能もあって、化学物質、薬物、栄養素を吸収します。このタイプの組織はしばしば年齢とともに失われて顔のたるみやより目立ってしまうシワの原因へとなってしまいます。

 

私たちのほとんどは正常な皮膚をもって生まれてきていますが、遺伝的性質およびライフスタイルによって、年齢とともに皮膚の健康が損なわれる可能性があります。皮膚の混交と活力は個人の習慣を改善することで向上していきます。

 

まずは、専門のスキンケア、果物、野菜、食物繊維をとる栄養価の高いダイエット、顔と体のエクササイズ、適切な保護、十分な睡眠と建設的なストレス管理から始めてみてください。目的にあった一貫したライフスタイルを選ぶことで見た目と気持ちの元気を保つためのキーポイントになります。

 

 

年齢を重ねるにつれてコラーゲンとエラスチンが減り始めて痩せた皮膚、シワ、顔のたるみといった老化現象の原因となります。コラーゲンを注入して赤くふくらんだ唇はハリウッド女優の間で明らかに流行しています。ですがこの方法はかなりの費用がかかるうえに痛みも伴って、しかも一時的な効果しかないのです・・・。

 

老化した皮膚にはコラーゲンとエラスチンを自然に回復させる方法はありません。

 

 

皮膚の保護について

健康で輝くような若々しい顔色を保ちたいのであれば、予防のためにもスキンケアを毎日十分におこなうことが重要になります。これは若い内から絶対に必要になってきます。というのも、今日、不健康なライフスタイルを選べば、容赦なく明日の肌に悲惨な結果が現れるからです・・・。

 

皮膚は外側の組織でその大部分は一生、外界にさらされます。体の他の器官よりも早く老化するのも不思議ではありません。

 

皮膚はさまざまな状況の影響をとても受けやすいのですが、人がこれまでに遭遇した最悪の要素は実は太陽なのです。太陽は正常な老化プロセス(本来の人間の老化)を大幅に早めます。日光に当たりますと、皮膚は永久的に厚くなっていきます。このプロセスは光線加齢と呼ばれていて皮膚の腫瘍や死に至る皮膚がんを避けるためには真剣に考えなければなりません。

 

日焼けは見た目にはきれいですが、皮膚にとってはもっとも不健康になります。日焼けサロンへ人口太陽を大量に浴びにいく、という話を聞くたびに私はあきれてしまいます・・・。

 

料理をする場所にいって毎日少しずつ自分を料理をしているようなものです。日焼けとは、体が焼けないように身を守ろうとした結果なのです、体は日焼けが自分にとってよくないことを知っています。自分の体のうち、太陽に当たってない場所を観れば、乾燥、肌荒れ、変色がないことに気づくことができるかと思います。

 

まさに赤ちゃんのお尻のようにすべすべになります。このような場所には紫外線が当たらないので皮膚は色艶がよくてなめらかで白いままです。波長の長い太陽の紫外線に長時間当たらなければこの危険な光線は皮膚の層には浸透することはありません。

 

この光線が無理やり侵入してくるので、私たちが老化と呼ぶ美容上の破壊行為が起こってしまうのです。太陽の紫外線はまた、普段は皮膚「うぃなめらかで柔軟で強い状態に保っているたんぱく質を破壊します。この大虐殺はあらゆる老化の原因となってしまいます。

 

すなわち、乾燥肌、シワ、たるみ、むら、変色を生じさせて皮膚がんを含むある種の皮膚病が進行する可能性が非常に高まってしまいます・・・。