リファカラットフェイスの口コミと驚きの効果!

【美肌と睡眠の関係】30代からの睡眠について本気で考えよう!

 

 

あなたは最近、しっかり睡眠をとれていますか?

 

そもそも寝る時間が足りない・・・。

 

寝ても疲れが取れない・・・。

 

前より寝つきが悪くなった・・・。

 

などなど、なにかと多忙な30代の睡眠に関する悩みは尽きないかと思います。

 

仕事も美容も健康もすべては睡眠が大事なのです!

 

なので、良質な睡眠のためにできることをしっかりと本気で考えていきましょう!

 

 

しっかり眠らないとお肌のツヤがなくなるだけじゃない

 

お肌や髪のツヤやハリには成長ホルモンの分泌が大切になります。

 

しっかりとした分泌のためにはしっかりとした睡眠が必要になります。

 

寝不足ですと、そのバランスが崩れますのでツヤやハリが失われていきます・・・。

 

さらには睡眠不足からの不安やイライラなどの身体的・精神的な悪影響が表情など外面にまで表れてしまって美容にも良くないと言われています。

 

また、「寝不足あ太る」という噂は聞いたことはありますでしょうか??

 

結論から言いますと、これは本当なんです。

 

寝不足は食欲を促進するグレリンというホルモンを増加させてしまうことが研究でわかっています。

 

睡眠欲が満たされていないと、食欲増進が加速する場合もあります。

 

その結果、ホルモンバランスの乱れ、食欲の増進、日中活動の低下のトリプルパンチでどんどん太りやすくなってしまうのです・・・。

 

 

睡眠不足は百害あって一利なし!

 

OECD(経済協力開発機構)の調べによりますと、日本人女性は世界一眠っていないと言われています。

 

それにも関わらず、30代女性は人生の様々なライフイベントが集中して働き盛りです。

 

仕事もプライベートもパフォーマンスの向上が課題になってきます。

 

それらを支えるのは、きびきびと動ける体と瞬時に正しい判断ができる頭脳です。

 

毎日の正しい睡眠によって、心・体・神経をしっかりと回復させることが必要なんです。

 

その場しのぎの一時的にリフレッシュできるマッサージや飲み会では根本的な解決にはつながりません・・・。

 

脳の回復に睡眠は欠かせないもので、体の回復と同等に大切なものです。

 

そして寝不足は集中力・記憶力・思考力すべての低下を招きます。

 

徹夜明けはビールを1,2本飲んだときとほぼ同じ状態になります。

 

こんな状態ではまともな仕事なんてできませんよね・・・。

 

働き盛りの30代の仕事パフォーマンスの低下は、個人の魅力も評価すらも下げてしまうのです。

 

しっかりと睡眠をとってる人は人生のメリハリも良く、仕事もプライベートも充実しています。

 

睡眠改善は豊かな人生を送るための自分への投資だと思ってきちんと取り組んでいきましょう!

 

 

快眠への道へと続く6つのポイント!

 

 

 

快眠への道で重要なのは、1日の始まりを起床時ではなく、就寝時に切り替えることです。

 

さらにイレギュラーな事態でもパフォーマンスを落さない対処法を身に着けておけば完璧です。

 

では6つのポイントについてご紹介致します!

 

 

@カフェインは摂取する時間に注意

 

19時以降のコーヒーは控えるようにしましょう。

 

血中のカフェイン効果が薄れるのは健康な成人で2時間半〜4時間半になります。

 

カフェインを摂るなら9・12・15時がすすめです。

 

 

A夜ごはんで睡眠の質が変わる

 

オススメはやっぱり和食になります。

 

お酒を飲むなら蒸留酒がいいですね。

 

お酒と同量の水分を摂れば二日酔い防止にもなります。

 

夜ごはんは就寝の3時間前までには済ませましょう。

 

 

B仕事帰りはまっすぐ帰る

 

帰りの電車で寝てしまうと睡眠のリズムが崩れてしまいます。

 

夢中になれる本を読んだり、眠い時はあえて座らないなどの工夫をしましょう。

 

寄り道しがちなコンビニの照明は照度が2500ルクス以上とかなり明るいため、脳が覚醒してしまいます。

 

 

C就寝前は脳を覚醒させない

 

眠るときは吸水性の良い綿のパジャマに着替えましょう。

 

ふくらはぎの下に10センチの枕を敷けば足のむくみもスッキリするのでオススメ!

 

スマホのライトと情報は目と脳が冴えてしまいますので寝つきを悪くします。

 

 

D日光に当たって一日のリズムを正す

 

朝食・お化粧・通勤路も日の当たる場所をキープして日内変動リズムを整えましょう。

 

階段を上ることで交感神経が活発になりやる気スイッチも入ります。

 

 

E昼食は午後の作業を左右する

 

理想はおかずや汁物まで揃う高たんぱくな生姜焼き定食です。

 

丼ものは炭水化物が多くて早く食べやすいので血糖値が急上昇し眠気の原因になってしまいます・・・。